プロバイダー “ ジービーエスひかりIPS ”

通信速度が遅いのには理由がある!?

現在、広く普及しているIPV4のPPPOE方式は、例えるなら『一車線の狭い道路』で利用量の多い時間帯は回線が込み合い、インターネット表示が重くなりがちです。

ジービーエスひかりで採用しているIPV6のIPoE方式は、例えるなら『車線数の多い、広い道路』なので利用量の多い時間帯でも回線が込み合う事なく、安定したインターネットの利用が可能です。

世代ネットワークのIPv6 IPoE接続は、混雑しやすいポイントを避けて通信するため、アクセスが集中する時間帯でも快適にインターネットをご利用いただけます。

IPv6 IPoEの通信速度が早い理由

PPPoE接続方式と違い、IPv6 IPoE接続に対応する接続機器(Wi-Fiルーター)を繋げば、都度ID・パスワード設定をしなくてもインターネットに接続できます。
※接続機器によっては初期設定が必要な場合があります。

自動変換でどちらの仕様のサイトでも閲覧可能

IPv6 IPoE対応機器( IPv4 over IPv6技術 )で接続することで、WEBサイトや、各種WEBサービスがIPv4・IPv6どちらの接続環境だとしても、自動変換で閲覧出来ます。
また、IPv6 IPoE接続はアクセスが集中する終端装置を介さないため、IPv4対応サイトでもIPv6 IPoEの通信速度で閲覧、WEBサービスをご利用することができます。

接続台数関係なく通信速度を一定に保つ

通信混雑時、PPPoE方式のインターネット環境では、あとから通信接続をしたユーザーほど、通信速度が低下する事があり、とても不安定でした。
IPoE方式にする事により、接続順関係なく、通信中全員の速度を一定に保つ事が出来、安定したインターネット環境でサービスをご利用頂けます。

回線/プロバイダ・乗換えに関するご質問やご相談は、こちらからお気軽にご相談ください。

お客様のご利用環境やご要望をお伺いして最適なインターネット環境をご提案いたします。

お問い合わせ
お見積のご依頼・サービスに関するご質問やご相談までこちらからお問い合わせください。
お問い合わせ