ネットワーク構築・保守

どこでもオフィスWORK( テレワーク )

どこでも・いつでも・オフィスに居るのと変わらないデスクワークが可能!
自宅や外出(出張)先で便利に使える!ライフスタイルの変化合わせて、働き方も変えていく!
どんな状況下でも、社員の働き方の選択肢を増やす事で、大事な人材の離職率を防げます!

こんな時使える『 どこでもオフィスWORK 』

通勤困難時の業務継続に

その1:通勤困難時の業務を継続する手段として

地震や大雨などの災害時交通網が麻痺し出社困難な時でも、社員の安全を確保しつつ、業務を継続する事が出来ます。

子育て・介護世代の雇用継続に

その2:子育て・介護世代の雇用継続をサポート

会社と同じネットワーク環境で在宅でも仕事が出来るよう会社がサポート。
働きながら育児・介護の時間が確保できます。

外出先からモバイルワーク

その3:外出先から会社のサーバーへ接続可能

モバイル端末で、社内のシステムに接続が出来るので、外出中、移動時間などで事務作業がこなせ残業務を削減できます。

2020年テレワーク・デイズ

その4:世界的イベントによる様々な備えとして…

東京オリンピック・パラリンピックにおける交通混雑緩和を目的として2017年より7月24日を「テレワーク・デイズ」と位置づけ在宅ワークを推進しています。
2020年は「テレワーク・デイズ2020」として東京オリンピック・パラリンピック期間を含む7月20日~9月6日の期間中、全国的にテレワークの実施を各企業へ呼びかけています。

 

『 どこでもオフィスWORK 』を導入すると…

  • 通信の暗号化・安全に通信ができる

    VPNは、セキュリティを意識したネットワーク構造(トンネリング技術や通信情報の暗号化など)になっています。そのため、リモートワークなど離れた場所から、社内サーバーやシステムへ安全にアクセスできます。

  • どこからでもリモートアクセスが可能

    インターネットが接続できる環境であれば、パソコンはもちろん、モバイル端末からも社内ネットワークへアクセスすることができます。離れた場所からでも、社内に居るような通信環境で利用でき、様々な働き方に対応が可能です。

  • 低コストで拠点間の通信が可能

    VPNは、構築や維持費がかかる専用線と違い、VPNは仮想ネットワークを利用するので、運用コストが安くなります。また、専用ソフトなども不要なので、初期費用を抑えられます。

VPNによるテレワーク詳細(PDF|2.4MB)

-このサービスをご検討のお客様-
お気軽にご相談ください

TOPへ戻る