オフィス機器の固定費を見直したい (イニシャルコスト)

オフィス機器の固定費を見直したい (イニシャルコスト)

オフィス機器の固定費を見直したい (イニシャルコスト)

イニシャルコストは「初期費用」とされることが多く、OA機器や、システムなど、導入時の最初に一度だけ掛かる費用の事です。
支払いが一時的である事から、一度導入してしまうと、次に見直すまでにスパンがあきがちですが、新たな事業を立ち上げる際や、古いシステムでは対応できなくなり、買い替えが必要なタイミングで一度イニシャルコストを見直してみてはいかがでしょうか?

オフィス機器のイニシャルコスト見直しのお問合せ

オフィス機器のイニシャルコストの見直しに関するご質問やご相談は、
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

オフィス機器のイニシャルコストに含まれるサービス

パソコン

ノートパソコン

複合機

IPフォン

UTM

COCORONAS

subgate

ルーター

防犯・監視カメラ

オフィスデスク

オフィスチェア

書庫

金庫

冷蔵庫

電子レンジ

掃除機

オフィス機器のコストの見直しはGBSにお任せください!

OA機器は時代に合わせ、新機能を採用し、作業効率を上げるよう、モデルチェンジをしています。便利な最新機能が使えないことはもとより、ネットワークに接続する機器の場合、セキュリティの面を考慮して定期的な買換えが望ましいと言えます。 減価償却の終わった固定資産は耐用年数が過ぎても使い続けることが出来ますが、OA機器は、性能面や、セキュリティの面を考えても買換える事をオススメします。

オフィス機器のイニシャルコスト見直しのお問合せ

オフィス機器のイニシャルコストの見直しに関するご質問やご相談は、
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ
お見積のご依頼・サービスに関するご質問やご相談までこちらからお問い合わせください。
お問い合わせ