2021年

顔認証+自動検温システムの取り扱いはじめました!

2021/02/24

感染拡大予防のための顔認証+自動検温システム

優れた顔認証AIカメラとサーモセンサーにより1台のカメラで実施出来る「感染拡大予防のための顔認証+自動検温システム」コロナウイルスによる業務停止等のリスク対策の取り組みに役立ちます。

特 徴

  •   体温測定  

    非接触自動温度測定、高速及び正確な温度測定、温度測定精度±0.3℃、体温以上情報の記録が可能。

  •   顔認識  

    優れた顔認識AIエンジンとサーモセンサーを搭載。異常体温を検知、事前警告を発し、対象者の特定にも役立ちます。

  • 多彩な設置方法

    壁掛け・フロアスタンド・卓上スタンドなど設置場所に適した選択が可能。防塵・防水性能があるので、屋外(軒下)設置も可能です。

  • 単独で動作可能

    本体は電源さえあれば稼動します。 PCと接続することにより、検温記録/顔認証の記録が可能になります。



用途/実績例

商業施設や、公共機関、その他、オフィスなど幅広いシーンで使用できます。

スポーツジム/映画館/イベント会場/テーマパークなどの商業施設や、学校・保育園・幼稚園・塾/福祉・医療施設などの公共機関、その他、オフィスや工場、倉庫など幅広いシーンで使用できます。



マスク着用の周知徹底

顔認証とともにマスクの着脱を判別し、マスク着用の不備がある場合はディスプレイ上に表示・および音声でお知らせします。口・鼻が正しくマスクで覆われているかを判別するため、正しいマスク着用の周知徹底にも繋がります。

マスク着用+体温正常の場合、マスク着用+体温異常の場合、マスク未着用+体温正常の場合


主な製品仕様

搭載OS Linux
カメラ機能 2Mピクセル、4mmレンズ、専用ISPプロセッサ画像処理、アンチ逆光、顔認識速度≦0.2s
ディスプレイ 7インチIPSフルスクリーン、解像度1024×600
認証方式 顔認証、体温測定、ICカード
体温計測範囲 32℃から41℃
体温計測距離 0.3mから1.5m
計測精度 ±0.3℃以下
マスク着用検出 マスク着用、非着用を自動認識音声で通知
保存容量 顔データベース:30,000人分 検温・認識記録:150,000レコード
外部I/O端子 RJ45、RS232リレー、ドア磁気信号入力、Wiegand、オーディオ出力
電源 DC12V ±20%
使用温度・湿度 -30℃から70℃ 90%RH未満
通信 有線LAN、オプション(WiFi、4G)
設置方式 壁掛け、ゲート連動設置、デスクトップ等
製品サイズ 247mm × 127mm × 26.6mm

紹介動画

SHARP公式チャンネル<【顔パス&検温!】顔認証+自動検温システムで感染対策 >では、顔認証の精度や、顔認証と連動した多彩な使用例をご紹介しています。

一覧に戻る

TOPへ戻る