2020年

助成金制度 を活用してテレワーク・サテライトオフィスを導入しよう!

2020/07/31

テレワーク
			やサテライトオフィス化を始めて導入する中小企業に対し、導入実施に要した費用の一部を国が助成

社員のライフスタイル(育児・介護等)に寄り添った労働環境を作る他、新型コロナによる緊急事態宣言時の外出の自粛や、各地で頻発する自然災害、いつ通勤が困難になってもおかしくない今だからこそ、社内インフラの見直し、テレワーク(在宅業務)の実施、またはサテライトオフィス化を検討・導入するいい機会ではないでしょうか?

「働き方改革推進支援助成金」とは

時間外労働の制限、その他の労働時間等の設定の改善、及び、仕事と生活の調和の推進のため、テレワークやサテライトオフィス化を始めて導入する中小企業に対し、導入実施に要した費用の一部を国が助成するも のです。

テレワーク業務などの研修開催費用も対象

パソコンやVPNルータなどテレワークに必須の機器やクラウドなどのソフトも助成対象です!!!

注) 契約形態が、リース契約、ライセンス契約、サービス利用契約などで「評価期間」を超える契約の場合は「評価期間」の間の経費のみが対象

申し込み締め切り日2020年12月1日まで※支給対象事業主数は国の予算額に制約されるため12月1日以前に受付を締め切る場合があります。

働き方改革推進支援助成金・テレワークコース|外部リンク



機種の選定から助成申請に関するサポートもGBSにお任せください!!

一覧に戻る

TOPへ戻る