2020年

体温測定サーマルカメラの取り扱いはじめました!

2020/05/20

AI(人工知能)により、高い精度(温度測定の誤差は±0.5℃)での体温測定ができます。
設定した以上の温度を検知した場合、瞬時にアラート(音声・画像)で通知するので、対象者に接触する事なく、検査する側の感染リスクを抑えることが出来ます。

GBSで取扱いのサーマルカメラは非接触で安全に検知、最大20人同時測定でき、発熱者をアラートで通知、誤差±0.5℃の高精度カメラです

サーマルカメラの特色

GBSで取扱いのサーマルカメラは非接触で安全に検知、最大20人同時測定でき、発熱者をアラートで通知、誤差±0.5℃の高精度カメラです


サーマルカメラ設置場所例

サーマルカメラの設置例として、病院、スーパーマーケット、航空、駅、公共施設、オフィスビルエントランス、物流倉庫、学校、イベント・ライブ会場など

※助成金の申請は東京都中小企業振興公社で定められた条件がございます。設置場所例には該当しない場合がございます。申請に関してのご不明点などGBSまでご連絡下さい。



検査所・設置例

例えば人が集まるエリアの入り口(通路や廊下)にサーマルカメラを設置し一次検査を実施。
非接触で検査を行うことで、検査員の接触リスクを低減させ、またスムーズに二次検査に移行することができます。

一次検査で検知した発熱者を、非接触で速やかに二次検査室へ誘導し再度検温へ


サーマルカメラ設置イメージ

測定距離はカメラから対象人物まで1~3m(計測人数最大20人)カメラ設置高は1.5~1.8mを推奨しています

体温測定サーマルカメラ詳細(PDF|3.6MB)




体温測定サーマルカメラも助成の対象に!

東京都限定・東京都中小企業振興公社の“新型コロナ感染症予防対策”助成金になります。ガイドライン等に基づく助成を行っています。体温測定サーマルカメラも助成対象機器ですので、ご導入を検討中の企業様はぜひご活用下さい!

体温測定サーマルカメラも助成申請期間:令和2年6月18日から8月31日まで(郵送)必着

申請は東京都中小企業振興公社で定められた条件がございます。
東京都中小企業振興公社"新型コロナ感染症予防対策"助成金申請要件-外部リンク-
対象機器や申請に関して不明な点がありましたらGBSまでお問合せ下さい。

一覧に戻る

TOPへ戻る